最終更新日: 2023-06-11

キャッシュレス決済

 
キャッシュレス決済のイメージ

  キャッシュレス決済とは

 
キャッシュレス決済とは、クレジットカードデビットカード電子マネーを利用して、紙幣や硬貨といった現金を使わずに支払いや受け取りを行う決済方法のことです。 
 
キャッシュレス決済手段の主な違いは、下表のとおりです。
 

 

クレジットカード

デビットカード

電子マネー

決済方式

後払い
(ポストペイ)

即時払い
(リアルタイムペイ)

前払い ※1
(プリペイド)

利用上限額

あらかじめ設定された利用限度額

預貯金残高

チャージ限度額

利用時の本人確認

サイン・暗証番号 ※2

暗証番号

不要

※1:電子マネーは、後払い(ポストペイ)方式や即時払い(リアルタイムペイ)方式で決済できるものもあります。
※2:店舗とクレジットカード会社との間でサインレス決済の契約を結んでいる場合は、本人確認のサインや暗証番号の入力は必要ありません。ただし、サインレス決済を行える上限金額は店舗ごとに設定されています。


  クレジットカード

 
クレジットカードとは、加盟店において、後払いで商品やサービスを購入できるカードのことです。
 
クレジットカードの支払い方式は、下表のとおりです。
 

一括払い

1回払いでの支払い方式

分割払い

数回に分割した支払い方式

リボルビング払い

利用金額にかかわらず、毎月一定金額を支払う方式
一般的に、定額方式と定率方式がある

総量規制

 
貸金業法で定められた総量規制により、貸金業者からの借入れは年収の1/3以内となっています。
 
なお、総量規制の対象外となる主な借入れは、次のとおりです。
 

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 銀行系のカードローン
  • 高額医療費の借入れ
  • 有価証券を担保とする借入れ
  • 不動産を担保とする借入れ
  • 売却予定不動産の売却代金により返済される借入れ

個人信用情報の登録

 
クレジットカード会員の信用情報は、信用情報機関に登録されているため、支払い遅延等を起こさないように、計画的な利用が必要です。
なお、クレジットカード会員本人も、所定の手続きを経て信用情報機関に問い合わせることで、登録されている自分の個人信用情報を確認することができます。

クレジットカードの貸与

 
発行されたクレジットカードは、クレジットカード会員の所有物ではなく、クレジットカード会社からクレジットカード会員へ貸与されたものです。
したがって、他の人と貸借することはできません。

カード盗難保険

 
一般に、クレジットカード会員になる際に、紛失や盗難に備えたカード盗難保険に加入しますが、本人に過失があると保険金が支払われない場合もあります。
カードの保管、暗証番号の管理等には十分に注意を払う必要があります。

キャッシング

 
クレジットカードにはキャッシング機能がありますが、一般に住宅ローンや教育ローンに比べて高い金利が設定されています。


  デビットカード

 
デビットカードとは、利用者が商品やサービスを購入した際、その代金がカードでの支払いと同時に利用者の銀行口座から引き落とされる仕組みのカードのことです。 


  電子マネー

 
電子マネーとは、一般的にあらかじめ現金をチャージしておくことで利用できる先払い(プリペイド)方式の決済手段のことです。
ただし、電子マネーとクレジットカードを紐付けることで後払い(ポストペイ)方式にしたり、電子マネーとデビットカードを紐付けることで即時払い(リアルタイムペイ)方式にしたりすることもできます。